合宿免許での技能教習の時間制限

###Site Name###

合宿免許は、受講生が集団でホテルや寄宿舎、コテージなどに宿泊をしながら、夏休みなどのごく限られた期間のなかで所定の教習をして、自動車の運転免許証の取得をめざすものです。


ドライビングスクールにふつうに通学をする場合には、通学そのものの移動時間がかかることはもとより、教官と教習車が限られている技能教習などはたいてい予約制で、希望した日時の予約が埋まってしまえば、キャンセル待ちをするか、または新たに別の日時の予約を入れなければなりません。

合宿免許であれば、教官や教習車の配置などは、あらかじめ決められた定員の枠内で確保されていますし、教習コース至近に宿泊施設も設定されていますので、かなり効率的にカリキュラムをこなすことができます。



ただし、合宿免許の場合であっても、普通自動車免許のカリキュラムがすべて終わって卒業証明書を交付されるまでには、おおむね2週間以上かかるというのが一般的になっています。これは、国家公安委員会が教習に対して定めている規則によって、1日あたりの技能教習の時間数が規制されていることが理由となっていますので、どのドライビングスクールが主催する合宿免許であっても同じです。

安心、信頼の山口県の自動車免許情報の詳細は専用ホームページで紹介しています。

受講生のレベルによって違いがありますが、基本的に1日あたりで2時限または3時限を超えないようにという決まりであり、これは技能教習で実際に車のハンドルを握る体験によって疲労がたまりやすく、長時間連続すると、かえって事故のもとになりかねないという配慮によるものです。