合宿免許のメリット・デメリット

###Site Name###

合宿免許とは、運転免許を取得するための教習を宿泊施設に滞在しながら行うものです。

合宿免許には様々なメリットがあります。

通常の教習ですと卒業まで1か月以上、夏休み卒業シーズンだとさらに日数がかかります。その点、合宿免許の場合、最短14日(普通車AT限定)で教習所を卒業できます。
合宿といっても、宿泊費用・食事代が別にかかるわけではありません。



基本的には「教習費+宿泊費+食事代+交通費」がセットのパック料金です。

それでも、普通に教習所に通うよりかは安くなってます。運転免許取得を目標としている人が、全国から集まって来るので出会いが多く友達を作りやすい環境になってます。

たくさんの良いところがありますが、デメリットもあることに注意が必要です。
宿泊施設に泊まり込みなので、まとまった休みが取れない方は入校することが難しいです。

学生が多く参加するという事もあり、夏休み・春休みシーズンは予約がいっぱいになることがあります。

短期間で卒業を目指すため、かなり忙しいスケジュールとなっています。

合宿を行う場所の関係上、自宅から離れた場所に通うことになる方が多いです。

また、門限があり気軽に外出できません。

教習所により違いはありますが年齢制限により入校できないこともあります。



一般的には、25歳以下を対象としているところが多いです。

すごく便利な兵庫県の自動車免許情報に関する情報の一覧です。

合宿免許を考える際にはメリット・デメリットをちゃんと知ることも大切です。
また、各教習所により費用や合宿場所などに違いがあるので、しっかり確認する必要があります。